ヘブライ語とは

イスラエルの建築デザインヘブライ語とは、中東のイスラエルやパレスチナなどで主に用いられている言語です。「ヘブル語」や「ヒブル語」とも表記されます。聖書(いわゆる旧約聖書)が記述された言語としても知られています。

ヘブライ語はユダヤ民族(ユダヤ人)およびユダヤ教と深い関係を持つ言語で、歴史的にもほぼユダヤ人と共に変遷しています。

ヘブライ語は日常語としては廃れてしまった期間があります。1世紀から20世紀まで、およそ2000年弱もの間、ヘブライ語は宗教儀式などでのみ使用されてきました。20世紀にイスラエルが建国されて公用語に指定されたことで、日常的に普段の生活で話される言葉として復活しました。

現在、ヘブライ語を母語とする話者の数は、数百万人から1千万人ほどと言われています。

中世の東欧で生まれたとされる「イディッシュ語」は、ヘブライ語とドイツ語が混ざって生まれた言葉です。文法はドイツ語に近く、表記は主にヘブライ文字が使用されます。