PCでヘブライ語を使用するには

pd-Hebkeyboardヘブライ語をPC(日本語のWindows)で自由に入力できるようにしたい、という場合、フォントや入力設定を確認する必要があります。

手軽な方法としては、聖書文学学会(The Society of Biblical Literature)が提供しているフォントとデバイスドライバーを入手する方法があります。

聖書文学学会のウェブサイト上では、古典ヘブライ語のフォント、およびキーボードをヘブライ語入力に対応させるためのデバイスドライバーが無償提供されています。

  1. ウェブサイトにアクセスします
    http://www.sbl-site.org/educational/BiblicalFonts_SBLHebrew.aspx
  2. 「Font download」をクリックしてフォントをダウンロード(保存)
  3. ダウンロードしたフォントをインストール(ダブルクリックから開いたメニューで「インストール」、または、右クリックしてメニュー一覧から「インストール」)
  4. 再度ウェブサイトに戻り「SBL Hebrew keyboard Driver」をクリックしてプログラムをダウンロード(保存)
  5. ダウンロードしたプログラム(圧縮ファイル)を展開し、setup.exe ファイルを実行・インストール
  6. 言語バー上に、入力モードをヘブライ語に切り替えるメニューが追加されます。メニューをヘブライ語に変更すれば、キーボードから直接ヘブライ文字が入力できます。

キーボード配列は「SIL Layout」と「Tiro Layout」の2種類が用意されています。ユーザーマニュアル(PDFファイル)にキー配列も詳しく記載されていますので、インストール前にあらかじめ見比べてみるとよいでしょう。どちらかといえば、アルファベットに準じた配列となっているSIL Layoutの方が扱いやすいとされているようです。

※ 言語バーにメニューが出て来ない場合、次の流れで設定を行うことができます。
コントロールパネルから「時計・言語・および地域」→「キーボードまたは入力方法の変更」(小ウィンドウが開く)→「キーボードと言語」タブ→「キーボードの変更」ボタン(小ウィンドウが開く)→「全体」タブ内の「インストールされているサービス」欄の「追加」ボタン(小ウィンドウが開く)→ ヘブライ語を探してチェックを入れ、「OK」。